黒系の服を着ている女性

最低限のマナー

寺院の内部

葬儀にあたって最低限のマナーというものが存在します。それは通夜や告別式で必要となります。葬儀は故人を偲ぶ場所であるので、大人として当たり前のマナーをしっかりと守るようにしましょう。

葬式の種類

霊柩車

葬儀には様々な種類が存在します。故人の宗教によって葬儀の進行が変わってきますので、参列者の方も事前に様々な葬儀のマナーについて確認しておくようにするとよいでしょう。

良い葬儀社を選ぶには

香典を持つ男性

良い葬儀社を選ぶためには、こちらの希望をしっかりと聞き、提案をしてくれるような業者を探すべきです。また、事前に出来た見積書の内容が明確であることもとても重要になってきます。

葬儀後の手続き

寺院の外観

遺族は葬儀が終わった後も様々な手続きを行う必要があります。そのために葬儀が終わった後もしばらくは忙しくなってしまいます。葬儀はスムーズに行えるように、事前に情報を知っておくことが大切なのです。

葬儀のマナー

葬式饅頭

葬儀は急に行われることが多いです。
葬儀を行う側は慌てて行うことも多いので、細かい場所まで手がまわらないケースも少なくありません。
親戚で集まって葬儀をスムーズに行うことが出来るように準備しておくと良いでしょう。
普段から葬儀社や葬儀のマナーについて確認しておくことによって、いざという時に慌てなくて済むのです。
葬儀のマナーは時々地域によっても異なってくる場合がありますが、大体は宗教によって内容に違いが出ます。
故人がどのような宗教に属していたかをしっかりと確認し、すぐに葬儀の手配を行えるようにしましょう。
スムーズに葬儀の準備を行う事によって、故人との別れを安心して行うことができます。
葬儀の進行やマナーについてもしっかりと把握しておきます。

葬儀で着る服装についてですが、昔は遺族や親戚側は正式礼装を着用することがほとんどでした。しかし、現在では特にそのような決まりは無くなりつつあります。
それは、男性にしても女性にしても洋装が増えてきた為です。
マナーとしては和装と洋装に格の上下は存在しないので、安心して着用する事が可能です。
葬儀に参加する際には派手な格好をしてはいけません。
特に女性の場合は派手な化粧やアクセサリーをしないように要注意です。
基本的にアクセサリーは真珠のネックレス以外はタブーとなっています。
このような葬儀に着ていく服装や身なりにもしっかりと気をつけて葬儀に挑むようにしましょう。

葬儀のマナーを知り、故人を偲ぶための方法