良い葬儀社を選ぶには

香典を持つ男性

大切な方が亡くなると、お通夜・お葬式を執り行う必要があります。
病院などでなくなられた場合、そこから自宅もしくは斎場など、遺体を安置する場所への移送も葬儀社が担当することになります。
つまり、亡くなられるとすぐに葬儀社への連絡が必要というわけです。
お通夜・お葬式は地域によっても風習に差がありますし、同じ仏教でも宗派によって若干の違いがあります。
そうした知識ももちろん重要ですが、費用に関して知っておくことも大切です。
お通夜・お葬式には、様々な費用が発生します。
祭壇・棺もランクがあり、選ぶものによって費用が上下します。
また、会場の広さや控室、食事の用意など、親族や参列者の数によって変動する費用もあります。
こうした費用は葬儀社によっても異なります。

近年では、お通夜・お葬式の費用を安く抑えたいという遺族の要望が高まっていることから、低価格のプランを設定する葬儀社が増えています。
家族葬などの小規模プランや、一日葬といって通常は二日にわたるお通夜・お葬式を一日にまとめたプランも登場しています。
こうしたプランでは、追加費用なしの定額制プランも多いため、費用面でも安心してまかせることができます。
また、近隣の葬儀社の相場について調べておくことも役に立ちます。
葬儀社に電話すると、自社のプランや料金設定について教えてもらうことができる事前相談というサービスもあります。
こうしたものを活用し、あらかじめ複数の会場を比較しておくと、万が一の際に落ち着いて対応ができます。

葬儀のマナーを知り、故人を偲ぶための方法