葬儀後の手続き

寺院の外観

お葬式を出す際、まずはじめにどれくらいの規模のものにするかを決めなければなりません。
お通夜やお葬式の日時を広くお知らせすると、友人・知人など幅広く参列してくださることでしょう。
一方で、家族のみで行いたい、親しい者だけでひっそりと見送りたいという要望が増えていて、特定の人にだけ故人の死をお知らせるするという方が増えています。
一般に、家族葬といわれるお葬式では、文字通り同居家族のみが集まります。
密葬という言い方をする場合では、家族に近い親族や親しい友人が加わります。
密葬とは、後日改めて本葬をする際などに使用されていましたが、近年では密葬のみ行うケースも増えています。
上記がいわゆる「小さいお葬式」と言われる規模の小さい葬儀のことです。
一般葬という言い方をする場合あ、遠い親戚や広く友人関係を指し、ご近所の方なども含みます。
また、同じ一般葬でも、もっとも大きい規模ですと、仕事関係や家族の関係者などにもお知らせすることになります。

近年、「小さいお葬式」が好まれているのには大きく分けて二つの理由があります。まず、「最期は家族だけで過ごしたい」というような故人や家族の精神的な理由です。
大げさなことは望まず、静かに見送ってほしいと希望する方が増えています。もう一つの理由は経済面です。
生前から、お金をかけないでほしいと伝えている方もいますし、ご遺族でなるべく費用をかけたくはないという希望が出ることもあります。家族葬や密葬の場合、会場費が安く済みます。
また、棺や祭壇を飾る必要もなくなることから、棺・祭壇のランクも下げることができます。供花費用も抑えられます。
その結果、葬儀費用が安くすむというわけです。また、家族葬・密葬を一つのプランとして提案する葬儀社も増えています。
こうしたプランでは、追加費用がかからない定額設定であることが多く、安心してお願いすることができます。

葬儀のマナーを知り、故人を偲ぶための方法